MENU

札幌のプロミスでお金を借りる

札幌のプロミスは曜日を問わない最短即日融資に対応をしており、申し込みを行ったその日のうちに借りられるようになっています。急に現金が必要となると困ってしまうものですが、札幌のプロミスなら早い対応で当日中にキャッシングの利用を可能としてくれます。

 

札幌で借りるプロミス

 

来店不要での銀行振り込みでの借り入れも可能で、札幌市内に限らず日本全国どこからでも手続きが行えるのが利点です。ただ、銀行振り込みで借りる場合には平日14時までにWeb契約を終えなければならないため、時間外となると翌営業日扱いとなる点には注意が必要です。

 

時間外や土日に当日中に借りたいとなれば、役立つのは札幌市内に設置のあるプロミスの契約機です。札幌市の中央区だけで見ても下に挙げるように多数の契約機の設置があるので、プロミスなら素早くお金が借りられます。

 

店舗・契約機名 設置住所
札幌お客様サービスプラザ 北海道札幌市中央区南3条西3丁目10-4 三信ビル 3F
すすきの自動契約コーナー 北海道札幌市中央区南4条西3-1-1第3グリーンビル地下1F
札幌駅前自動契約コーナー 北海道札幌市中央区北4条西3丁目1番地成友ビル4F
南3条すすきの自動契約コーナー 北海道札幌市中央区南3条西4-1-1シルバービル4F
南六条西11丁目自動契約コーナー 北海道札幌市中央区南6条西11丁目1286-27

※ 確認日時点の情報となります。プロミス札幌の店舗情報は随時変更がされる可能性があるので、最新情報はプロミス公式サイトでご確認ください。

 

札幌市に設置のある無人の自動契約コーナーは夕方でも土日でも営業をしているので、その日のうちの手続きが可能です。ただ、店舗となるサービスプラザに関しては夕方で営業を終了してしまい、土日祝日は休業となるので注意が必要です。

 

札幌市内のほかの区にも多数の契約機があり、どの契約機を使うとしても事前にネットで申し込みを済ませてから向かえば早い手続きでカードの受け取りと借り入れが可能となります。

 

素早い札幌市内でのプロミスの借り方をもっと詳しく知りたい場合にはリンク先のhttp://www.cardloan-prm.com/hokkaido/sapporo.htmlのページを見ておくと良いです。手続きにかかる無駄な時間を省き、とにかく早くに借りるための情報がまとめられているので、すぐに札幌のプロミスで借りたい方は注目です。

2017/08/14 09:30:14 |
プロミスで素早く契約を済ませてお金を借りるためには来店不要のWeb契約か、または無人の契約機を使う手続きとなります。どちらも最短即日の契約も可能で、時間内の手続きなら最短即日融資も可能となるために頼れます。早い融資となるとこの二通りがプロミスでは主となるメインの契約方法ですが、何も契約がそれしかできないわけではありません。他の方法でも契約が行え、例えば郵送での書類のやり取りによるプロミスの契約も対応をしています。ただし今では郵送契約はほとんど使われておらず、やはり基本は上に挙げた二つのどちらかです。郵送契約も来店不要となるために手軽に感じられるかもしれませんが、書類のやり取りの分だけ契約が遅く...
2017/08/14 09:30:14 |
貸金業法が改正されてからは消費者金融も数を減らしましたが、それでも多くの貸金業者、消費者金融が営業をしています。大手となるとプロミス、アコム、アイフル、モビットと限られるものの、中堅どころとなればダイレクトワン、フタバなど様々な消費者金融が存在します。中小の消費者金融に関しては大手では借りられない方が利用をするため、多くの方にとってはあまり馴染みがありません。大手で借りられるなら条件面、安心感、信頼性の面で優れているため、利用ができるなら大手です。その大手消費者金融の中でも人気が高いのが、プロミスです。プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供をするカードローンブランドで、実際...
2017/08/14 09:30:14 |
カードローンにしてもクレジットカードにしても、利用をする際には返済は重ねるべきではありません。重ねるとは返済期日の話ではなく、利用先を増やさない、返済先を多くしないといった意味です。現在の消費者金融は貸金業法の総量規制の関係で、収入に対しての無理のある借り入れは利用ができなくなっています。しかし、生活水準や支出の内容によっては総量規制の範囲内でも返済が難しくなるい場合があり、特に多くの借り入れ先を抱えてしまう状態となると途端に返済が苦しくなります。返済が重なると月々の毎月の返済金額も最低額でいっぱいいっぱいとなってしまい、なかなか借り入れの残高が減りません。返済負担が大きくなるリボ払いとしての...
2017/08/14 09:30:14 |
金利負担が大きく利息が高いといったイメージがあるのが消費者金融ですが、プロミスであれば初回には限られるものの、返済の負担が軽減できる無利息サービスがあるために話は別です。メールアドレスとWeb上で明細が交付されるWeb明細の無料サービスに登録をすることで、初回の借り入れが借りた翌日から30日間も無利息になります。似た内容の30日間無利息、金利ゼロサービスは他の消費者金融であるアイフルやアコムでも実施していますが、プロミスとは異なり契約の翌日からの適用となっています。契約をしてすぐに借りるなら無利息期間は無駄にはしませんが、契約後しばらくしてから借りる場合においては無利息期間が無駄になってしまい...
2017/08/14 09:30:14 |
ついついカードを使いすぎてしまって返済の負担が大きくなってしまうと、毎月の期日の約定返済金額の入金が難しくなります。クレジットカードのリボ払いの利用においても同様で、便利なカードをショッピングやキャッシングに次々と使ってしまうと、気がつけばとても払えないような金額のリボ払いが重なってしまう場合があります。リボ破産などとも言われるように、分割払いであるリボ払いには大きな危険が潜んでいます。厄介なのはリボ払いは消費者金融のカードローンによる借り入れの分割払いと根本的には変わりがないにも関わらず、なぜか身近に利用がされてしまう点です。返済の負担が大きいから、金利が高いからといって消費者金融を敬遠する...